白髪になる原因は?

| 未分類 |

年をとると頭にちらほらとみられるのが白髪です。20代からある人もいれば、60を過ぎても黒々としている人もいるなど人によって差があります。その原因は何でしょうか。
実は髪は元々色がありません。髪の根元のメラノサイトでメラニン色素が作られそれが髪に浸透して黒くなるのです。つまり、メラノサイトでメラニン色素が作られないことが直接の原因です。それではメラニン色素が作られないのはなぜなのでしょうか。
まずは加齢です。年齢とともに体の機能はどうしても低下します。そのためメラニン色素も作られにくくなるのです。
またストレスも大きな原因です。ストレスは体の錆びのもととなる活性酸素を発生させます。すると細胞の働きが弱くなり、メラノサイトの働きも低下するのです。
それに喫煙も問題です。メラノサイトを活性化するビタミンB12を壊すだけでなく、他の細胞も壊してしまいます。
紫外線も色素幹細胞を破壊します。肌だけでなく、帽子をかぶるなどして髪や頭皮のUV対策が必要なのです。
睡眠不足も問題です。睡眠中は成長ホルモンが分泌されます。髪や肌などの健やかな成長を促すのがこのホルモンなのです。
こういった様々な要因が絡まって白くなるのです。