白髪を抜くのはNG

| 未分類 |

白髪を抜くのはNGと言われています。そもそも自分の髪の毛を鏡で見ても、毛根までは見えませんから、どんな風に白髪が生えているかを確認することはできません。
基本的には髪の毛は一つの毛穴から二本から、三本程度生えているのが通常ですが、その内の一本だけが白髪だった場合には、残りの健康な髪も当然引っ張られてしまうことになります。また髪の毛は頭皮の毛細血管が毛乳頭に栄養を与えて、髪が生える仕組みとなっています。
このため、白髪をとることでこの毛乳頭から、生えてる髪の毛根も痛める原因になります。
取るべきではない髪がついでに引っ張られる事で、回りの毛根の神経までもが刺激を受けてしまうので、抜け毛の原因になる可能性が高くなります。
髪の毛の生えてくるサイクルは約半年間程度と言われていて、抜けてから生えるまでには相応に時間が掛かると言われています。さらにその髪の毛が伸びてくるまでにはより長い年月が必要です。一本の白髪をとることで、他の本来取る必要がない健康な他の黒い髪までもが損傷を受けてしまうだけでなく、取ったところの毛根の組織が破壊されてしまうために、そのことが原因でメラニン色素が作られなくなる場合もあります。